初めての方へ

初めて法律事務所に相談するのは緊張する 弁護士費用は、どのくらい払えばいいの? いいえ、そんなご心配は、いりません

初めての方へ

法律相談料30分5,000円(消費税別)

ご相談はこちらから

HOME > 初めての方へ

ご相談までの流れ

まずはお電話の場合、お悩み・お困りの内容を簡単にお伝えください。次にご相談日のご予約をいただくことになります。

電話での相談は承っておりません。ご相談は、来所していただき直接に相談させていただくのが、当事務所の方針です。

ご相談までの流れのイメージ相談予約FAX用紙、ご相談予約フォームをご利用の際は相談予約日をご記入ください。相談を希望する弁護士がいるときには、その弁護士名もご記入下さい。
当事務所は、ご相談は必ず弁護士がお聞きし、最後の問題解決まで担当弁護士が対応いたします。ご相談は平日が原則ですが、どうしても時間がとれない方のため、例外的に夜間及び土・日曜日に行うこともあります。(要予約)
なお、相談料は30分単位で5,000円(消費税別)です。

▲ページの先頭へ

報酬について

報酬については、受任する際、事務所内に設置されている報酬規程により説明のうえ、報酬額等の見積もりをいたします。なお、報酬の詳細については、「報酬のご案内」をご覧下さい。
相談料は30分単位で5,000円(消費税別)です。

報酬についてのイメージ
報酬規程
当事務所では、旧日本弁護士連合会報酬等基準にのっとり、標準的な報酬規程を定めています。

▲ページの先頭へ

守秘義務について

弁護士は相談内容について弁護士法第23条により守秘義務を負っています。したがって、相談内容はもちろん、相談があったこと自体も第三者に漏らすことはありません。また、個人情報の管理についても十分留意して取り扱っております。

守秘義務についてのイメージ
弁護士法第23条
(秘密保持の権利及び義務)第23条 「弁護士又は弁護士であつた者は、その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。但し、法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」と定められている。

▲ページの先頭へ

担当弁護士について

壱岐坂下法律事務所は、弁護士4名が所属しています。
弁護士は担当制でお受けしておりますので、担当の弁護士が最終の問題解決まで対応させていただきます。複雑化する問題の際は、各分野の専門家がご依頼者の立場に立って、力をあわせて解決いたします。

担当弁護士についてのイメージ
弁護士の仕事について
・法律問題のご相談やアドバイス
・法律文書の作成、内容チェック
・相手方との交渉代行
・訴訟、調停等の代理
上記のように法務に関する業務を幅広く行います。ただし、全てを弁護士に依頼しなければならないわけではありません。ご予算や必要性に合わせ、弁護士と相談の上、仕事の範囲をお決め下さい。

▲ページの先頭へ

相談日に用意するもの

○身分証明書(運転免許証、住民票、パスポート、健康保険証など)
○トラブルの内容に関係ありそうな書類
・離婚では戸籍謄本
・相続では相続関係図
・相続財産一覧を記載したメモ
・交通事故では事故証明書など
・訴訟を起されたケース、訴訟中のケースでは訴状などの関係書類をご持参ください。
○印鑑

▲ページの先頭へ