債権回収の法律相談

貸したお金は戻ります 回収するためには、弁護士と相談することを お勧めします

気軽に聞いてみましょうか↓

初めての方へ

法律相談料30分5,000円(消費税別)

ご相談はこちらから

HOME > 業務のご案内 > 債権回収の法律相談

  • ・知人が貸したお金を返してくれない?
  • ・弁護士が請求すると効き目があるの?
  • ・仮差押をかけると確実に回収できるの?

貸したお金が返らないと

あなたが知人にお金を貸したり、あなたの会社が取引先に売掛金をもっていたりした場合、返済を受けられればいいのですが、返済を受けられないこともあります。何度請求しても返済してもらえない場合などは、諦めざるを得ない気持になることもあると思います。しかし、その返済金を次に使う予定になっているときなど、事態は深刻です。そこで、債権の回収を図る必要があります。債権を回収するための詳しい手続きは債権回収専門の弁護士と相談するとよいでしょう。

▲ページの先頭へ

内容証明を出してみては

その方法としては、まず、弁護士の名前で債権の弁済を求める内容証明文書を送る方法があります。弁護士が介入してくれば、相手はこちらの真剣さを察知して、すんなり支払ってくるケースもあり、解決することも多いです。詳しくは債権の回収を専門とする弁護士に相談することをお勧めします。

▲ページの先頭へ

仮差押えをする

しかし、すんなり支払うとは思えない場合には、いきなり相手の財産に仮差押えをかける方法をお勧めします。相手が不動産を持っていれば不動産の仮差押えを、銀行預金があればその仮差押えを、取引先に売掛債権があればその仮差押えをするなど、財産がある限り取れる手段は様々です。

仮差押えをするイメージ仮差押えをかけられれば、相手はその財産の処分ができなくなり、逃げることはできなくなりますので、支払に応じてくるケースは多いです。仮に、それでも相手が支払わなかったとしても、訴えを起こして判決をとって、仮差押えをかけた財産に執行すれば、債権の回収は図れます。このように、仮差押えをかければ債権を回収できる可能性は高くなります。ただ、仮差押えは相手に気付かれないうちにすぐに行う必要がありますし、その手続は簡単ではありませんから、仮差押えをするには債権回収専門の弁護士と相談することをお勧めします。

▲ページの先頭へ

第三者から払ってもらう方法

第三者から払ってもらう方法イメージなお、これ以外にも、特別法によって第三者から債権の弁済が受けられる場合があります。例えば、宅地建物取引業保証協会の社員と宅建業に関し不動産取引をした者がその不動産取引により生じた債権を有する場合には、宅地建物取引業保証協会から弁済業務保証金の還付を受けられる方法があります。土地建物に関する債権の回収に対しては、法律事務所の債権回収専門の弁護士に相談することをお勧めします。

▲ページの先頭へ

お悩み相談
業務のご案内
借金・債務整理
離婚
相続 遺言
公正証書遺言
成年後見 福祉
交通事故
不動産 借地・借家
債権の回収
法人顧問契約
労働問題
著作権
民事介入暴力
刑事事件

壱岐坂下法律事務所

法律相談窓口(要予約)03-5840-9372 受付時間:9:30~17:30(月~金)